topimage

2017-05

複雑な別れ - 2011.01.31 Mon

ノラ猫チャーミーと おじいさんワンコを覚えてますか?  →過去記事
このおじいさんワンコが
2週間前の雪の日から体調を崩し、動けなくなっていました。
近所の友人の情報によると、動けずご飯も食べないって・・。
老体に寒さがこたえたのかな・・もうすぐお別れなんだね・・・と思っていたら
その後も頑張って生きていて、頭を動かす姿も見かけました。









近所の友人と一緒に ひと安心したのだけれど、
このワンコへの飼い主の待遇が二人とも気になっていて・・。
ずっと、犬小屋の横の地面に横たわったままになってるんです。
毛布をかけられ、地面にはプラ材が敷かれ、駐車場の屋根もあるけど・・・
弱って動けないでいる体に、これはキツイのでは?
隣の家の若いワンコ(しかも暑がり:飼い主談)が、犬小屋の中で丸まってるのに。

近所の子供たち情報(小学生女子は情報通)によると、
エサは飼い主が食べさせてるって。
でも玄関には入れてもらえないんだ・・・寒いし寂しいだろうし・・と気になっていたけれど
もっと気になるのは、床ずれ。
いつ見ても同じ向きで何日も寝ているのが心配で・・。

で、「ええい! 飼い主がやらないなら、私がこっそりやってやれ!」
と、動かそうとしたけれど
足を持って動かそうとした瞬間、痛がるような怒った悲鳴をあげられて
私もそれ以上のことをする勇気がでなかった・・(汗)

その時わかったのだけれど、後ろ脚は完全にマヒして感覚が無いようで。
前足は動くけれど、ずっと小刻みに震えている。
でも食欲はしっかりある。
エサ皿のカリカリを一粒ずつ口に持っていくと、
「パクッ!!!」と、すごい勢いで食いつき、ガリガリと食べる。
食欲はあっても、体を起こせないから食べれないだけだった。
夜にクゥ~ンクゥ~ンとずっと鳴いていると、ご近所さんが心配していたけれど、
もしかして、お腹が空いて鳴いてた?

ご近所の友人数人と、ワンコの情報をやりとりしながら
何もできないままでいた昨日、
ワンコは犬小屋の中に入れてもらっていた。(毛布は無し)
で、夜にいつも以上に鳴いて
今日、お星さまになった。

苦しそうに肩で息をし、
前足を震わせていた、そら爺さんは
私が昼に犬小屋を覗いた時には
穏やかな顔で、どこも震わせずに静かに横たわっていた。

その鼻の頭が擦り剥けてしまっているのを見ながら
これって、老衰になるの?
ご飯、パクパク食べたのに・・と思わずにいられない。
私も何も出来ないでいたけど
家族も全く世話してなかった訳ではないけど
もっと暖かく最期を迎えること、出来なかったのかな・・。

そら、ごめんね
今、同じように密かに心配していた人たちが
キミの亡骸をこっそり確認しにいっては悲しんでるよ。
(いろんな人が心配していたのだと分かりました・・)
さよなら。ごめんね、何もしてあげられなくて・・。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

覚えてますよ。
飼ってる方の意見もあるし・・なかなか
難しいところですよね。
でもkotoさんや友人の皆さんで
やったことは素晴らしことだと思います。
きっとそらおじぃちゃんも’ありがとう’って
思っててくれてますよ。

そらおじぃちゃん、ゆっくり眠ってね。

いろんな人の愛情を感じていたと思います
今頃 天国でいっぱいいっぱい駆け回っているのでしょうね

心よりのご冥福をお祈り致します

こんな最期はせつなすぎます・・。
事情はあるのかもしれないけど
折角 家族として迎え入れたハズなのになぁって
思っちゃう。
そらじぃちゃん どうかどうか安らかに眠ってね。
今度生まれ変わったら 苦しみとは無縁であってほしいと 切に切に願います。

動物と人間がうまく共存共栄できる地球になったらいいのになぁ~。

>***さん

なんだかね・・・。
2週間もずっと同じ所で横たわっていた姿がね・・
切ないです。

暖かく寂しくなく過ごしていてほしいですね。

>ぷんちゃんママさん

犬が寒さに対してどうなのかとか
家族が医者からどんな指示を受けてるかとか
分からないので勝手に何かして大丈夫かな?とは思ったんですが、
ずっと同じ態勢でいる痛みや寒さを思うと可哀そうで・・

ゆっくり、安心して空に帰っていってほしいです。


>たいたいさん

子供たちが登下校の際に毎日様子を見てました。
そらの容態に気付いた大人たちも気にしていたし。
そらにとって励みになっていたらいいですね。

若くて元気な姿になって走り回っていてほしいですね。


>あかとくろさん

永い間、家族も可愛がってきたと思うのにね・・
最期の姿は寂し過ぎると思いました。
立派なお宅で玄関も広そうだから
そこで暖かく、家族の愛を感じながら最期を迎えさせてほしかった・・。

穏やかな性格だった、そらじぃさん。
もう苦しみや孤独とは無縁であってほしいですね。

こんばんは

そうだね。
自分の家族じゃないから色々と思うことあるよね。
それでもワンコさんが家族で選んで過ごしたからね。
今世色々と得たモノはあると思うよ。
今は虹の橋を渡って元気に居るから。
自分を気遣ってくれた人達みんなに感謝してるよ。
そして今はとっても自由で楽しいんだよ。

>クリちゃんへ

そらを引き取ることもチラッと考えたんだけどね
ご近所過ぎてさすがにね・・
それに、そらは そんな事望んでないだろうし
家族の側がいいに決まってるもんね
最期の苦しかったことは忘れて
楽しい思い出だけを持って
虹の橋でのんびりしていてほしいな


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotonya910.blog83.fc2.com/tb.php/353-99295de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そこに何が? «  | BLOG TOP |  » こんな闘い見てみたい

最新記事

最新コメント

プロフィール

koto

Author:koto
Clay Aikenの大ファン♪
我が家の3ニャンのお世話に
奔走してます

我が家の猫たち


かかし
黒猫(男の子)
2008年生
職業 : かかごん&ウザ毛繕い師
好物 : 草、人間の食べ物



うた
三毛猫(女の子)
2008年生
人間大好き甘えっ子
女王様



杏(あん)
こげ茶ハチワレ猫(女の子)
2011年生
道路にひとりでいるところを拉致され家族になる。
穏やかなお利口さん



こむぎ
キジトラ(男の子) 2015年生
車のタイヤの中にいるところを保護されウチの子に。
猪突猛進 末っ子キャラ
                                

東日本大震災ペットレスキュー

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

ねこ (459)
ましゅたん (3)
ジアルジア (8)
クレイ (38)
本・テレビ・映画 (12)
未分類 (126)
貯蔵室 (20)
AI&SYTYCD (22)
アダム (10)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム